尿もれ

尿もれ

排尿トラブルには、対策があります♪

尿もれ > 尿もれ

尿もれ 患者数

尿もれって、最近、増加してるんですね。
というか、以前から、この症状で、悩む人は、たくさんいたはずなんですが、 このごろは、「尿もれ」という病気として、とらえられ始めたっていうことも、 増加しているように、見えている原因のようです。
それにしても、その割合が、とても多いのには、驚きます。
女性で、この症状で、悩んでいる方の割合が43%以上にものぼるらしいのです。
これは、半分まではいかないにしても、相当な数になりますね。

尿もれ 症状

尿もれの症状としては、軽度のものから重度にものまで、さまざまです。
軽度なものとしては、コイン程度やティースプーン程度のもれから 重度のものとしては、下着だけでは、食い止められず、足まで、尿が伝わってしまうもれまで、 いろいろ、あります。
また、どんな時に、漏れてしまうのかにも、大きく分けて、2種類あるんだそうです。
1つは、くしゃみやせきなどをして、急に腹圧が高まった時に、漏れてしまうものが、腹圧性尿失禁。
2つは、デパートとか外出先で、トイレに行きたくなった時に、がまんができないとか、 外出から帰宅して、ドアノブに手をかけた瞬間に漏れてしまうというのが切迫性尿失禁と呼ばれています。

尿もれ 原因

尿もれの主な原因(女性)としては、 おもに、骨盤底筋が、ゆるんだり、弱まったりすることからくることが多いらしいですね。
女性は、出産を経験したあとに、このような症状になるケース。
後は、年齢からくるもの。
特に、最近は、高齢出産が増えているのも、原因の一つに挙げられるようになってきました。
また、生活の西洋化というのも一因として、あげられています。
それは、以前の日本人なら、テーブルではなく、ちゃぶ台。 ベッドではなく、押し入れから出したり入れたりする布団での生活。
トイレは、便座に座るのではなく、しゃがむ態勢。
掃除機は、以前は、雑巾がけ。
こういった生活習慣の変化も起因していると。 これらの昔の日本人の生活様式は、生活の中で、自然に骨盤底筋を鍛えていたのですね。

尿もれ 治し方

尿もれが、重度の症状の方は、病院に行って、診察をしてもらうことが、大切です。
治し方としては、薬で治す方法と手術で治す方法とが、あるんだそうです。
気になるのは、手術のほうですが、こちらは、病院によって違いますが、 日帰り手術から1週間以内の入院程度になることが、多いようですね。
また、手術の成功確率は、95%と高いので、どちらかというと、 悩んでいるよりは、病院に行った方が、早く治ると思われます。
でも、そこまで、ひどくは、ないんだけどっていう方は、 骨盤底筋トレーニングをすると快方に向かう方が多いんだそうです。
こちら⇒尿もれ・頻尿の悩みに、泌尿器科医が教える【自分でできる排尿トラブル克服プログラム】

尿もれ トップへ戻る

Copyright 2015 © 尿もれ All Rights Reserved.

いいな通販


  • SEOブログパーツ
seo great banner

SEO対策テンプレート